ブログの乗換検討(WordPress、Movable Type Open Source比較)

このブログはさくらのレンタルサーバ スタンダード
のブログサービスを利用している。なのでレンタルサーバーを乗り換えるとなるとブログも乗り換える必要がある。ただし、バリューサーバー
にはブログサービスがないので自分でWordPressかMovable Type Open Source(MTOS)をインストールして使う事になる。ブログサービスと自分でインストールする場合の違いは、ブログサービスは専用のコミュニティがあってそこからのアクセスがある程度期待できる。また、「ブログを動かす」ということに関しては業者が行う。一方、弄れる範囲には制限がかかる。自分でインストールする場合はコミュニティはない。これは、ブログ村などのサービスで代替可能。ブログを動かすのも自己責任。これもレンタルサーバーを借りようとする人にとってはたいしたハードルではないか。自由に弄れる。さくらのブログサービスはそこそこ弄れた。
まあ、こんな感じなので違うといえば違う、大差ないといえば大差ない状態か。

ではWordPressとMTOSのどちらがいいのか。昔はブログといったらMovable Typeみたいな雰囲気だったが今はどうなのか。少し調べたらこんなのあった。
http://www.seowp.jp/manual/instruction/wordpress_and_movabletype.html
Movable Type、没落してる…
実際、MTOSをインストールしてデータの移行をしてみたが、かゆいところに手が届かないというか非常に扱い辛いというイメージだった。ほんの数日しか触っていないので使い続ければイメージが変わるかもしれないが、そもそも取っ付きにくいのでそこまでたどり着かない人が多そう。
ということでWordPressにデータ移行してみたが割といい感じに仕上がった。移行で一番面倒なのは画像データだが、これは以前からPC上に専用フォルダを作り日付+連番のような感じで保存して置いたので、そこから再度アップロードした。サーバー上に置いておけばもっと楽なのかもしれないが、その場合、サムネイルとかの扱いがどうなるのかな。元データを毎回取り出してくるようだと転送量が。ま、そんなにアクセスないから気にしなくてもいいんだけど。
ここまでやっておいて、「けどWordPressで運用するとなるとブログを増やしたりとか考えた場合、使えるDBは多い方がいいかも」なんて思えてくる。バリューサーバー
のエコプランは作れるDBが一つだがさくらのレンタルサーバ スタンダード
は20個作れる。1DBで複数ブログの運用も不可能ではなさそうだが、DBごと分離しておいた方が何かと便利そう。
と言う事で、何とバリューサーバーにWordPressで作成したブログをさくらのWordPressにコピーするという何やってんだ状態に。
さくらのブログサービスからの移行時は容量の関係でエクスポートが月単位でしか出来ずに苦労したが、WordPress間の移行は一括で可能。しかも画像まで移してくれる。ただし、WordPressのインポート機能に入力ファイルが2MBまでという縛りがある。これはWordPressの縛りというよりphpの縛りのようでphp.iniを修正することで拡大可能。それからさくらのサーバーではウエブサイトアプリケーションファイヤーウォールが設定可能なのだが、この機能をオンにしているとWordPressは正常に動作しないのでオフにする必要がある。最初、気付かずにオンにしてインポートを行い、エラーを出して苦労した。オンにしていた時代のログにはたまにブロックした時のログが残っており、出来ればオンにしておきたいと感じた。バリューサーバーでも同等の機能はあるがこちらはファイヤーウォールの製品が違う為かオンにしたままWordPressを運用できるようである。
今はこんな状態なのでサーバーの引っ越しを含めて再検討中。






Pocket