料金プランはウィルコムのプランGが最強だったなぁ

PHSのパケット無料、3Gは上限5,250円/月だったけど対応端末のHYBRID W-ZERO3がSIMフリーだったからね。その上、誰とでも定額を付けられる。
1台の端末で1,450+980で通話10分x500回+通信という費用に収められるのはそうそうないのでは。
ということで計算してみる。
プランGにはOCN980円SIMを付けたと仮定すると、3,410円。
3キャリはパケット代が高くて話にならないのでMVNOを使うとする。
通話できるMVNOだと日本通信かSo-netしかないがとりあえず日本通信で計算。
スマホ電話SIM LTEが1GB付けて3,060円。う、もう350円しか残ってない。
普通に通話したら8分ちょっとで終了。
G-Callを使うと20円/分なので17.5分。
うーん、やっぱり050とかのIP電話を組み合わせないと話にならない。
IP電話を組み合わせるとなると電話番号が二つということで、そうであればウィルコムのだれとでも定額パス(490円/月)+だれとでも定額(980円/月)が結局最強だろう。ただし、これはAndroidの一部でしか使えない。いっそのことウィルコムのスマフォを買えば(いやいや事の発端はウィルコム自体があんな状態だから悩んでるわけで…)。
それ以外ならFUSION(8.4円/30秒)でも21分弱か。
いっそのこと通話は全てIP電話にする。そうするとSIMをOCNにしてFUSIONで144分話して3,410円。電話番号もIP電話の番号に統一されるし。
10分x500回には及ばないが144分話せればまあまあか。後はIP電話とPHSの通話、どちらが安定してるかと。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + ten =