スマホ電話SIMとSkype、FUSION IP-Phone SMART、050plusを組み合わせて料金比較

通話出来るMVNOのスマホ電話SIMとSkyep、FUSION IP-Phone SMART、050plusを組み合わせて比較してみた。
まずは、グラフ。
2013101901

FUSIONや050plusを組み合わせるなら通話出来るSIMである必要はないかもしれない。けど、モバイルVoIPってまだ不安(特に受信)。
こうして見るとLTEの通話料金のボッタクリ度合いがよくわかる。
携帯電話への料金はFUSIONも050plusも同じなので半分を固定にしてみた。
Skypeは発信番号を表示できないが固定でナンバーディスプレイを使用している人はそれほど多くないと思われるので問題はないだろう。
ちなみに今回、計算に使用したSkypeは月額固定の60分プランで固定にしかかけられないタイプ(130円/月)。携帯にかけられるタイプは料金も高いし番号通知の問題もあるのであまり使えないと思う。
FUSIONは050plusに比べると固定宛料金が高いが月額費用がないのでそれなりにかけないとトータルで逆転しない。
スマホ電話SIM 3GにIP電話を組み合わせなかったのは3Gは無料通話があるから。参考までに2290円のプランにすれば無料通話は最大75分となる。応答時間の問題で3Gでは厳しいという話もあるが全く使えないわけではない。
OCNが当初3Gに対応しなかったのは050plusの利用を前提にしていたからなのかな?

まあ、こうしてグラフにしてみるとやっぱりSkypeとFUSIONを組み合わせるのがいいのかな。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − seven =