docomoで買った場合とSIMフリーを輸入した場合の支払額比較

docomoで端末を購入した場合とSIMフリー版を輸入した場合の料金を比較してみた。
前提条件は、
・端末の料金はdocomoは月割が適用されて実質0円、SIMフリーはEXPANSYSのiPhone5(16GB)の69,000+送料・関税(4,000円)とした。
・毎月のデータ通信は1GBに収まる。自分の使い方(朝・夕の移動時間+昼休みにWeb、twitter、メール等)程度だと500MBでも余る。一度、自分がどれ位、通信しているか確認はした方がいい。
・対象プランはbmobileのスマホ電話LTE+1GB、OCNモバイルONE(30MB/日)、docomo Xi2ねん+パケ・ホーダイ ライト、docomo Xiデータプラン ライト にねん。
グラフにするとこんな感じ。
2013091101
2年ちょうどだと通話する場合、docomoが安い。
データ通信専用だと17ヶ月目でdocomoが高くなる。
docomoは3GBまで高速で使える。
bmobile、OCNはdocomoより速度が出ない(らしい)。
docomoは端末価格を実質0円で設定しているので1年で機種変すると残債の支払いが発生する。
docomoは実質0円にならない端末だとこのグラフより支払額は増える。
パケ・ホーダイ ライト、今まであまり検討していなかったけど割と良いのか?
ただ、データ通信専用だとまだ高いな。A-GPSなんかのメリットもあるけど。

iPhone、どうするかねぇ…EXPANSYSでいくらででるかねぇ…

  エクスパンシス


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =